より暮らしやすい家にする為に

>

見積り書をしっかりと読めるようにしよう

有効期限や内訳明細があるかどうか

見積り書の有効期限?と思われる方も少なくないと思いますが、リフォーム材料や設備の価格というのは変動することがほとんどです。
さらに、工事にあたる職人の日当も変わることもあるのです。
ですので、工事はまだ先だけれどとりあえず見積りだけ、という場合は特に、その見積りがいつまで通用するのかということを事前に確認しておく必要があります。
見積り書を受け取ったら、まず有効期限を確認し、その期限内にリフォームを行えるかを考えることが重要なポイントになります。
そして、見積り書の内訳明細がきちんと明記されているかどうかも必ず確認してください。
よくあるのが、「材料一式」や「屋根工事一式」などという表記ですが、この「一式」に含まれる材料の名称や単価は必ず確認してください。確認して曖昧な答えが返ってくるような業者には依頼しない方が良いと思います。

リフォーム予算を抑えるには

業者から出された見積り書のまま、工事を依頼するのも良いですが、建築設計事務所など専門家を間に通すと、場合によっては予算を抑えることが出来るかもしれません。
こういう専門家であれば、材料の単価にも詳しい為、相見積もりをとったりなどして厳しくチェックしてもらえるのです。
設備メーカー系のリフォーム業者や新築を多く手掛けているハウスメーカーなど、各業者により材料費を安く抑えることが可能なので、比較検討することは、予算を抑えるのに重要なポイントと言えます。
しかし材料費は抑えられても、職人のレベルは下げない方が良いので、工賃を無理やり削ろうとするのはやめておいた方が良いと思います。手抜き工事をされても困りますので、抑えるところは抑えて出すべきところは出していきましょう。


この記事をシェアする