より暮らしやすい家にする為に

>

浴室リフォームで快適な癒し空間を

浴室リフォームの種類

全体的な浴室リフォームの種類は、大きく分けて3種類あります。
一つ目は在来工法といって、浴槽や水栓、窓や扉など一つ一つ選ぶことが出来、現場で施工する浴室の作り方が挙げられます。自分好みの理想の浴室が出来ますが、他の工法と比較すると工事期間と工事費用がかかるということも特徴的です。
二つ目は、システムバスになります。これは、工場で作られる部材などを現場に運び込んで組み立てる工法です。工事期間も短く、工事費用も低めに抑えられますが、在来工法に比べると自由度が低めになります。
そして三つ目は、ハーフユニットバスという工法です。これは、床から浴槽の部分までが一体形成されており、天井や壁の部分は在来工法となるものです。天井や壁などが自分好みに仕上げられる為、そこで個性を出すことができるという特徴があります。
この工法は、システムバスと在来工法の良いとこ取りと言えると思います。

浴室リフォームの価格相場

浴室リフォームにかかる費用も様々で、ユニットバス全体の交換となると工法によっても異なります。
平均すると、50万円から150万円前後かかるようです。
一般的には在来工法で作られた浴室からユニットバスにリフォームすることが多いと言われています。在来浴室は昔ながらの浴室が多く、タイル張りの為カビも目立ちますし、冬場は足元も寒くなります。綺麗で新しく温かいシステムバスに変えたいという方は少なくないと思います。
また、全体リフォームではなく、浴槽だけ交換する場合は、10万円から50万円前後が大体の相場になります。
予算に合わせて部分的にも全体的にもリフォームは可能です。高齢になるにつれて足元も不安になるので手すりだけ設置するということも出来ます。ドアを新しくして外観だけでも綺麗にしたいなど、自分で浴室の気になる点を書き出し、業者さんとよく相談して理想の浴室を目指してみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする